こんにちは~。

暑い日が続いていますので、ご自愛くださいね。

 

先日、「かみさまとのやくそく~胎内記憶を語る子どもたち~」を観てきました。

(公式サイトはこちら

音楽等の演出はなく、胎内記憶を語る子どもたちや携わっている研究者の方々のお話し、インナーチャイルドワークを通して自分と向き合うお母さんたちのワークショップの場面により構成されています。

 

胎内記憶、前世や中間世の記憶の存在等については、いろいろな意見があるのかもしれませんが、この映画を通じて「相手(子どもも)を尊重すること、寄り添うこと」の大切さを学んだ気がします。

私はこれから子どもを産み育てていきたいと願っていますが、とてもよい時期にこの映画に出会うことができたと思います。

 

またワークやドキュメントの中で、自分自身を愛することの大切さも確認することができました。

子どもたちは「お母さんを幸せにするために生まれてきた」「お母さんとお父さんを選んで生まれてきた」と語ります。

そんな子どもの愛情を受け取り、応えること、愛することのできる自分になれるように…このことを忘れずに日々を過ごしていきたいと思います。

 

 

私のようにこれから子どもを育てていきたい方、現在妊娠中の方、また育児の真っただ中の方など、子どもたちと関わるすべての方に大切なメッセージを与えてくれる映画だと思います。

パートナーと一緒に観て、価値観を共有したりシェアしたりすることも、とても素敵だと思います。

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます☆