昨日の続きを書かせていただきます。

事任八幡宮は静岡家の掛川市にあります。

http://www.geocities.jp/kotonomachihime/

諏訪大社と下社春宮(長野県)、そして戸隠山(長野県)と事任八幡宮はほぼ南北一直線上にあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祭神は

・己等乃麻知媛命(ことのまちひめのみこと)

…真を知る神、言の葉で事を取り結ぶ」働きを持たれる神様として、言の葉を通して世の人々に加護を賜う「ことのよさし」の神として敬われている。天と地と人を結ぶ大切な働きをなさる神様。

・息長帯姫命(ほんだわけのみこと、応神天皇)

・玉依比売命(たまよりひめのみこと)

 

ご由緒は…

 

 

 

まずは市指定の天然記念物のとても大きなクスノキが優しく出迎えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても活力があふれていて、その豊かさを与えてくれている、見守ってくれている…そんな感じのクスノキでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くには夫婦杉と名付けられた杉もありました。

(写真は撮り忘れてしまいましたが)

二本で支えあうように立っていて、でも自立して尊重し合えるような…そんな夫婦になれますようにとお祈りしてきました。

 

他にもお稲荷さん、五社神社などもありましたが、参拝はしたものの写真は撮りそびれてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また境内のすぐ横にも大きな杉の木が。

まっすぐに天に伸びたって、私もぶれずに天命を全う出来ますように…お祈りしました。

とても元気をもらえるのと、背中を押してもらえるような感じがしましたよ。

 

参拝する前にどのような神様がまつられているか等調べずに行ってしまいましたが、次からは少し下調べをしてから、行こうと思いました。

 

この事任八幡宮がは「願いがかなう」ということで、パワースポットとしても有名だそう。

とても清々しい気持ちになり、背筋がピンとなる場所でした。

心静かに祈り、自分の深いところと向き合う…神聖な場所で祈ることの良さをしみじみ感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。