少し人恋しくなるようなこの季節…
汗ばむ季節に比べてスキンシップもしやすくなってきましたね。  
心を許せる相手とのハグは心も身体もゆるんで、ほっとしますよね。 

ハートから拡がる安心感を実感される方も多いのではないでしょうか。  

 

そんな「ハグ」には科学的にも効果があることをご存知でしたか?  

ハグをすることで…
幸福ホルモンと呼ばれる「エンドルフィン」、
幸福物質や安心物質と言われている「セロトニン」、
快楽物質である「ドーパミン」、
愛情物質である「オキシトシン」(痛みも和らげるそう)、
などのホルモンが分泌されます。

 

そのため、心を落ち着いたり、
絆や社会的な行動を高めたり、
親子間やカップルの距離を縮める効果があるとされています。
(オキシトシンは出産や授乳の際にも分泌され、母と子の愛情を高める役割があるそう)    

 

30秒のハグをすることで、ストレスの1/3が軽減されるとも言われています。
血圧が低下したり、痛みが軽減したり…良いことだらけですね。
免疫力も高まるので、風邪が流行し始めたこの季節にもピッタリですね。

このハグの効果を認めて、「ハグヒーリング」を扱うクリニックまであるようです。  

 

大切なパートナーや家族、友人、もちろん愛するペットとも…
お互いが幸せいっぱいになれるハグは素敵ですね。

私たちは欧米ほどハグをする習慣がないので、ちょっぴり勇気が必要な方も多いかもしれませんが、試してみてくださいね。  

 

少し寒い夜でも、あなたの心と身体があたたかでありますように。