「やすらぎの里」には、前日の夕食は野菜スープのみで、お水をたっぷり飲みながら、13時頃、チェックインしました。

019

 

とても空気が良くて、少し歩くと海を眺めることがでる素敵な場所です。

「ここならお腹がすいてイライラすることもないかも」ということも、ここで断食をしようとした理由の1つでもあります。

 

 

入所すると、館内を案内してくださり、施術を開始です。

(施術等は宿泊料金に含まれています)

全身のマッサージと「吸い玉」と呼ばれるもので背中全体を吸引します。

(血流等が悪いと背中に跡が残ります。私は4日ほど跡が残って、背中は恐竜のようになりました。現在は元に戻りましたよ)

 

 

そのあと、自律神経検査と呼ばれる不思議な検査で、ツボに弱い電流を流してくれます。

(まったく痛みはないです)

これで自律神経の状態が分かるそうで、退所面談の際に再度検査し、入所の前の状態と比べることができます。

 

 

18時になり、ようやく夕食の時間…ですが、断食なので酵素ジュースのみとなりました。

様々なコースがあるので、他の方は美味しそうにご飯を食べています…ついたては準備してくださるのですが、香りだけはたまらなかったです~。

 

 

飲み物は自由に飲むことができます。

ハブ茶、梅酢、便秘茶、しょうが糖など。

断食中はしょうが糖だけが唯一の糖分で、飲みすぎない程度に飲むことができます。

断食反応といって、断食中にめまい、腰痛、吐き気、振戦、頭痛…などの症状が出ることがあるようです。

以前、体験した方のお話では震え始めてしまい、しょうが糖を少し口にしたら改善したとのことです。

私はずっと偏頭痛はしていましたが、不思議とあまり気になりませんでした。

この断食反応は普段から蓄積された毒素が排出するためで、好転反応と考える方もいるようです。

 

 

ずっと空腹が心配でしたが、思いの外、気になりませんでした。

あたたかいお茶などをたくさん飲むと空腹もだいぶ気にならなくなりました。

また身体に力が入らないのではないかと考えていましたが、むしろ身体が軽くていつもより動けたのかもしれません。

 

 

「お腹がすいて眠れないのでは?」という不安もありましたが、ぐっすり眠ることができました。

3食きちんと食べなきゃいけないというのは、先入観とただの習慣なのかなぁと感じました。

 

 

22時には消灯です。

温泉にもたっぷりつかって、1日目を終えました。

泉質も良く、素敵な温泉でした〜。

(断食中の長湯は危険だとお風呂に貼ってありました)

体調不良等を感じても、いつでもスタッフを呼ぶことができるという環境で、安心して断食1日目に取り組むことができました。

018

今日もお読みいただき、ありがとうございます。