「やすらぎの里」の2日目です。

 

 

やすらぎの里では様々なプログラムがあります。

全て自由参加で追加料金等はかかりません。

必ず行わなければならないのは、10時の朝食と18時の夕食のみだと思います。

(ランチはありません)

 

朝は6時半から「朝のヨガ」があります。

代表の大沢先生と一緒に取り組みます。

朝の良い空気を吸いながら、「太陽礼拝」というヨガの一連の流れを中心にゆっくり身体と心を目覚めさせていきます。

そして瞑想も誘導してくださり、心の平安を思い出しました。

 

 

7時半からは井原先生が気功を誘導してくれます。

テラスに出て、気功を行います。

あまり関心はありませんでしたが、この気功、なかなか楽しいです♪

 

 

10時から朝食です。

2泊のプログラムだと、もう復食が開始されます。

といっても、5分粥を少しと薄味の少しお豆腐の入ったお味噌汁のみとなります。

でも、とっても美味しかったです~。

身体が喜んでいるのが分かりました。

 

そのあとは治療まで自由時間になります。

治療は日替わりで、私はアロマテラピーを受けることができました。

他に鍼灸、整体、ひまし油湿布などがあり、1週間コースでは全て受けることができるようです。

 

 

自由時間には、近くの大室山、シャボテン公園、池田20世紀美術館等…時間、めいっぱい遊んできました。

またそれぞれ少しずつご紹介させていただこうと思います。

もちろん18時の夕食まで間食やジュース等はなしなので、お土産コーナーには近寄れませんでした~。

 

 

17時からは「骨盤ヨガ」に参加できました。

骨盤を緩めること等を中心としたヨガに加え、ヨガ以外のエクササイズとして簡単な筋トレについても教わりました。

理論のレクチャーと実施を組み合わせて教えてくださるので、とても分かりやすかったです。

 

 

18時には待ちに待った夕食…ですが、あまり空腹は気になりませんでした。

食事は朝食よりも少し多めのお粥とお味噌汁、お麩の煮たものがつきました。

1食1食がありがたいなぁと深く実感しました。

 

19時からは「生活習慣改善講座」を大沢先生から受けました。

健康な身体を作るためには、単にカロリーだけを気にするのではなく「糖質制限」という考え方、またそれを実施していくために、どんな食べ物を補うと禁断症状のようなものが出ることなく、食生活を改善できるのか、また適切な運動の取り組み方などなど…とても勉強になりました。

こちらも私が学んだことを少しずつシェアさせていただきますね。

 

温泉はいつでも自由に入ることができます。

貸切のお風呂もありますよ~。

お湯はさっぱりしているけれど、身体の芯から温まりました。

 

 

またトレーニングルームも自由に使えるそうです。

私はうっかり忘れていて、使うことは出来ませんでした。

 

 

21時半には「安眠のためのヨガ」で締めくくります。

朝のヨガのように活発ではなく、日中の緊張をほぐし、ぐっすり眠れるようにゆっくりと取り組みます。

 

 

2日目も普段の食事の1/3程度のカロリーかと思いますが、イライラすることもなく穏やかに過ごし、ぐっすり眠ることができました。

普段はだらだらと携帯でゲームをしてしまったり、時間の使い方が下手な私ですが、自然のリズムに合わせたプログラムに参加して1日を過ごすということが、こんなに心地よいこととは思いませんでした。

日常に帰ってからも、自然のリズム、身体のリズムに合わせて過ごしていきたいと思いました。

(写真はシャボテン公園でできた友達です)

049

今日もお読みいただき、ありがとうございます。