「自分を変えたい」、「流れを変えたい」、「気分を変えたい」…等と思うことはありませんか?

 

エネルギーがたっぷりあれば、住むところを変える、仕事を変える、世界旅行に行ってみる、高価なものを買ってみる、セミナーに参加してみる…などなどの変化を楽しむこともできますが、「なんだか停滞しているなぁ」と感じる時…そんな時はエネルギーもちょっと足りないような時も多い気がします。

 

また、腦には大きな変化を苦手とする特徴があるので、少しずつの変化の方が定着しやすいという面もあります。

 

大きな変化を期待して大きく行動すると、振り子のように、大きく逆に振れてしまう…そんなこともありますよね。

 

 

五感(視覚、臭覚、聴覚、味覚、触覚)から入る情報を変えることで、内面や気分を変化させることができます。

今回は「臭覚」です。

 

 

「香り」は他の情報とは異なり、ダイレクトに脳に働きかけるとも言われています。

具体的に生活の中で「香り」を変える方法は、

 

・部屋でアロマを焚く

(安心感を得たい時はラベンダー、幸福感を味わいたい時はグレープフルーツなどの柑橘系…など具体的な効果も選択できます)

 

・バスソルトや化粧品を変えてみる

(バスソルトも香りで選ぶことができますし、精油があれば簡単に作ることもできます)

 

・香水を変える

 

・芳香剤等を変えてみる

 

等の方法があげられますね。

 

 

私は香水を新しく変えてみました。

とってもお気に入りの香りを久々に見つけることが出来て…とっても華やかで幸せな気分です。

特別な出来事がなくても、自然と笑顔になれる自分を発見しました。

 

 

「香りを変えよう!」とすると、少しだけ時間とお金と手間がかかりますよね。

でも、その行為(=自分を大切にする)もとっても大切です。

大切な自分のために、大切な時間やお金を少しだけかけてあげる…自分を愛することにも繋がる考え方や行動だと思います。

自分に対して愛を与え、愛を受け取ることにもなりますね。

自分を愛することが出来ると、自然に他の人(大切な人)を愛することも出来るようになり…1つ1つは小さな積み重ねかもしれませんが、大きな変化にもつながると思います。

 

「香りを変える」ことで簡単に自分の気持ちが変わることを実感できたので、シェアさせていただきました。

photo credit: jafsegal via photopin cc

photo credit: jafsegal via photopin cc

今日もお読みいただき、ありがとうございます。