最終日のことを書くことをうっかり忘れていました。

 

私にとっては二泊三日の三日目…やすらぎの里では、最終日のチェックアウトするまでの時間に、最終の面談がありました。

 

面接の中で、初日にも行われた自律神経検査を再度実施。

初日と比べると、ずいぶん改善していることが数値から明確になりました。

面談の中では、普段の生活について聴き取りをしてくださり、また自分の希望や理想をお伝えします。

その中で、現在の生活で改善したほうが良い点、加えた方がいい点等について、食生活と運動面等から具体的に教えてくださいました。

改善した点はきっと上げればきりがないのでしょうが…ポイントを押さえて、無理なく行えることが出来るように優しく説明してくださいました。

 

私の例で言えば…

代謝が落ち気味であるということ(自律神経検査の結果)がありました。

食生活では大きく改善しなくてはいけないことはないものの、太りたくないために極端に油系のものを控えていたことが、逆に代謝の低下にも影響を与えていたようです。

特にお肉についている脂肪など、元々付いているものは、そのまま食べた方が良いとのこと。

(今までは極力脂身は避けていました)

また、普段の生活では摂取しにくいオメガ3を多く含む亜麻に油などを積極的に摂ることを勧められました。

他には無理なくできる適度な運動(筋トレやストレッチ、その場で足踏みをする等)も加えた方がいいとのお話でした。

 

そして、気になる体重は…1kg減りました。

その後の生活の中でも大きくリバウンドすることもなく、ほぼ減った状態を維持することが出来ています。

食欲が旺盛になってしまうのでは…という不安もありましたが、そのようなことも全くなく、以前よりも少ない量で満足できるようになりました。

 

 

断食を行ってみて…思っていたほど過酷ではなかったこと、思っていた以上に心の平穏や生活習慣の改善点が多く見つかりました。

やすらぎの里の大沢先生のこちらの本も参考になるのではないかと思います。

IMG_0697

その中でもありましたが…心と身体は密接な関係があるということ。

身体の不調を訴えていても、その奥には心の悩みなどが関連していることが多いなどの事例も挙げられていました。

「心身一如」…心が平穏でないと身体への影響も大きいですし、身体的な不調があれば心を平穏に保つことも難しくなります。

身体と心の関係は切ってもきれませんね。

どちらにも耳をすませて、健康で幸せな日々が過ごせるように在りたいものだと思いました。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。