服のセンスがイマイチ…なのは、私です。

最近になって発覚し、私としてはごくごく普通だと思っていたので、ショックも大きかったです。

 

 

とりあえず、「認めてもらいたい」もしかしたら「見返したい」みたいな気持ちで、

あれこれ頑張ってみましたが…やっぱりイマイチ。

(モチベーションに攻撃的な要素がある時は、どうもうまくいかないことが多いような。)

 

 

それで…

最近はもう「いいや~」という気持ちに切り替えました。

でも、それは「服のセンスがイマイチ」のままでいいというわけではなくて、

得意な人に助けてもらいながら、「服のセンスがなかなか」を目指すことにしました。

 

 

苦手なことを一人で頑張るよりも、

苦手なことは助けてもらったり支えてもらいながら、

私の得意なことを伸ばして、楽しく行ったり誰かに提供する…

そういう生き方の方が、自然なのかなと最近は思うようになりました。

 

139H

 

私は、自分の「SOS」に気づくことすらできなかった時期が長かったので、

「助けてください」「手伝ってください」と言う方法も知りませんでした。

 

そして、泣き言を言ったり助けを求めることは、弱い人間のすることだし、

「負け」だと思っていました。

 

ちょっと勇気をだして、「私にはこれ、出来ません。助けてください」

と言えるようになってから見えてきた世界は…

想像していたものとは全く違いました。

 

できない私を馬鹿にしたりする人は誰もいないし、友だちが増えて支えてくれる人が増えて、

そして安心感も満たされていきました。

恐れていたことはなにひとつ、起こりませんでした。

 

 

「一人で全部できるようにならなきゃダメ」「優秀でなきゃダメ」「勝たなきゃダメ」「負けたら終わり」…

そういう世界を作っていたのは、「わたし」だったんだなぁと振り返ります。

 

 

手伝ってもらうことが苦手、不慣れ、未知な方は、

「この人なら大丈夫」と思える人から、

「やってみましたが、私一人では難しいみたいです。一緒にやってもらえませんか」

など言ってみてください。

多くの人は頼られると、なんだか嬉しいもの。

 

愛を与えることは「なにかをしてあげる」ことだけじゃなくて、

「愛を与える機会を提供すること」も含まれるのだと思います。

助けてもらえたら、感謝と笑顔で「ありがとう」を伝えることで、

愛は循環して、どんどん大きくなって拡がっていくのではないのでしょうか。

 

 

もしも「伝えているのに、うまくいかない」という場合は、

伝え方に慣れていないのかもしれません。

お困りの場合はアドバイスをさせていただいたり、練習相手になることができるので、

ご相談くださいね。

IMG_0884

服のセンスはまだまだイマイチですが、このスヌードは気に入ってます。

ぐるぐる巻きにすると、かなり暖かいです。