こちらでは昨日から雨が降り続いていて、どんよりな空模様です。

 

「秋の空」…と言えば、女性は感情の起伏が激しく、気持ちや心が変わりやすいということから、

「女心と秋の空」ということわざがあります。

イギリスでは「A woman’s mind and winter wind often change」(女心と冬の風)と、

同じような意味で使われるそうです。

 

 

でも、元々は江戸時代に「男心と秋の空」という使い方をされていたそうです。

(私は知りませんでした)

秋の空と同じように、男の愛情も変わりやすい…男性の浮気心のことを示していたようです。

 

室町時代の「墨塗」という狂言では

「男心と秋の空は一夜にして七度変わる」というセリフがあります。

 

他にも「夫の心と川の瀬は一夜にして変わる」、

「変わりやすきは川の瀬と男の心」などが同じような意味で使われています。

 

川の瀬に例えるあたり、「どうにもならない」

と言いたいような思わなくてはいけないようなニュアンスが、

なんとも複雑な気持ちになります。

 

 

またゴールデンボンバーにも「男心と秋の空」という曲があることを発見しました。

これは、ことわざの意味とは少し離れて、秋の切ない雰囲気を漂わせた失恋ソングなよう。

 

 

自分以外の人の気持ちをコントロールすることは手放した方が楽に過ごせそう…

そう思っていても、なかなか難しいもの。

昔も今も、人の悩みや関心ごとはあまり変わっていないのかもしれませんね。

IMG_0880