上手に甘えることができる女性を見ていて、昔は

「わぁ~、あざとい」と、ちょっと羨ましい気持ち半分、浅ましくも見えていました。

 

 

これも最近、気づいたことなのですが…私は「甘え方」を知らなかったようです。

そういえば、小さい頃から親に甘えるということをしていませんでしたし、

長女だったのできょうだいに甘えることもできませんでした。

両親が不仲だったので、「甘える見本」を見ることが出来なかった

ということもあるかもしれません。

 

 

大学生くらいになると、合コンや彼氏に上手に甘えている女性を見ると、

上記のような嫌な気持ちを抱いていました。

甘え方も知らないし、甘えることに羨望と罪悪感を持っていたように思います。

もちろん自分のパートナーにも、甘えることはおろか自分を表現することも下手だったので、

感情をため込んで爆発するような感じで…

ついつい攻撃的な愛情表現になってしまうことが多かったです。

失恋するはずですよね。(苦笑)

 

 

自分が癒されて、少しずつ自分を認めることが出来るようになってから、

ようやく「前向きな甘え方」ができるようになりました。

ポジティブな表現としての甘えることに関しては許可できました。

でも、辛い時に慰めてほしい、優しくしてほしい、気にかけてほしい…

そういう名前を付けるなら「ネガティブな表現」としての甘え方は

うまくできなくって気持ちをため込んで…

怒りのような気持ちが心の奥にあることに気づきました。

 

 

ネガティブな表現としての「甘える」ということに罪悪感を感じていたのですが、

勇気をだして伝えてみると、相手は笑って受け止めてくれました。

「な~んだ、嫌われちゃうような大事じゃないんだ」とホッとしました。

photo credit: Sergiu Bacioiu via photopin cc

photo credit: Sergiu Bacioiu via photopin cc

 

家庭環境や家族は本当に人それぞれで…とっても「特殊」だと思います。

その中で経験したこと、培ったことも千差万別で…

何十年生きていても良いことも悪いことも「発見」だらけな気がします。

「知らないことに気づいていないこと」も多いのではないでしょうか。

 

 

新しい感情や新しい方法に気づいて、それを「習得したい!」と思ったら、

知っているふりをせず、「私は知らなかった」ということをまず認めます。

そして「習得するぞ」と決めて、周りの人でも見えない存在でも良いので、

「習いたいから教えてください」と表明します。

あとは、「練習」あるのみです。

最初はうまくいかないかもしれませんが、初挑戦なので大丈夫です。

少しずつ上手になっていくと思います。

(応援しています)

 

 

またどんな時にも「怒り」とか「恐れ」はサインだと思います。

それをそのままにしておくことも、喜びに変えることも、

その方その方が自由に選択できるものだと思います。

 

 

私も甘え方について、1年生です。

まだまだへたっぴですが、教わりながら頑張ります。