私は昔から占いが大好きで、星占い、手相、人相、四柱推命、タロットカードなどなど…

一通りの占いは試してきたかと思います。

近頃は、占いへの関心も遠のきましたが、オラクルカードと、

石井ゆかりさんの星占いの本は大好きです。

 

 

占い…というと、朝の占いや一般的な占いというのは、

「~に気をつけなさい」とか、

「運気が落ちているから、新しいことはしない方がいい」とか、

ちょっと怖くなったり、ちょっと落ち込んだりする内容も多いのかなと思います。

 

でも、石井ゆかりさんの星占いは、文章の1つ1つが優しくて透明感があって…

ふんわり包み込まれているような安心感を感じます。

 

星占い

今回、読んだ本はこちらの2冊です。

1冊は、自分の星座の特性や長所を教えてくれる本、

もう1冊は、各星座の2015年から3年間について占われています。

 

 

例えば3年間の占いについては、

「季節を教えてくれる本」という感じがしました。

 

「今は種をまくと芽を出しやすい季節だよ~」とか、

「そろそろ実を結ぶ収穫の季節だよ~」とか、

そんな風に…決して強制することはなく、

優しくその星座の運気や流れについて書かれている…そんな本なのかなと思いました。

 

 

少し迷いが出てきた時、がむしゃらに突き進むことだけではなく、

ちょっぴり立ち止まって、心の声を聴いてみたり、見えない存在に質問してみたり、

こういう素敵な本を開いてみたり…そういうことも選択肢の1つかもしれませんね。

 

 

特に心に響いた文章があるので、以下にご紹介させていただきますね。

 

 

”誰の心の中にも、痛みや孤独があるように、

どんな家族の中にも、小さな矛盾や歪みは必ず、隠されているものだろうと思います。

それらに光を当てることで、自分自身の生き方が変わることもあるはずです。”

虹

今日も素敵な1日を過ごされますように。