毎日を過ごしていると、

「ここは何としてもうまくいって欲しい!」

「ここで失敗したら、大変だ」、

「ここはビシッと決めたい」などなど…

ここ一番の大勝負の時から、ちょっとしたくじ引きまで、

「なんとかうまくいって欲しい局面」に遭遇することがあると思います。

 

 

そういう場面で

「私がなんとかしなきゃ」、

「自分だけでなんとかしなきゃ」等、

自分一人ですべてを背負って取り組もうとする方も多いのではないかと思います。

でも、そんな時にこそ、そんな方にこそ「神頼み」はお勧めです。

 

 

どうしても自分だけで頑張ろうとすると、

過度に力が入って緊張状態になってしまいます。

スポーツ選手を見ていると、

試合直前までリラックスしようとしている場面がよく見られますが、

やはり緊張状態ではいつも通りのパフォーマンスを発揮することは難しいですね。

 

 

特に自己価値が低い場合には、

ここぞという時に大失敗して、

「やっぱり私は最低だ」などと

自分を責める結果になることも多いのではないでしょうか。

(以前の私もそうでした)

 

 

そんな時に、

神様(誰でもOKです。キリストでもお釈迦様でも天使でも…)に頼んでしまうと、

自分だけの責任ではなくなりますし、

「頑張るぞ!」と力んでいる時よりも緊張から解放され、

ずっと良い結果を得ることが多いと思います。

(神様を信じていても信じていなくてもOKだと思います)

 

 

私は「神頼み」などは能力のない人が行うもの・無責任な行為だと思っていたので、

最初は抵抗がありましたが、

実際に行ってみると、

とてもスムーズにいろいろなことが動き出しました。

例えば私はクジ運は最悪でしたが、先日の火祭り②にも書かせていただいたように、

すんなりと願いが叶ったりするようになりました。

(この時はくじを引く前に十字を切って、当たるようにお祈りしました)

 

 

大切な局面で、一生懸命取り組んでいるのになんだかうまくいかない、

なんだか失敗続き。

そんな方は、「人事を尽くして天命を待つ」…

そう、やるだけやったら「どうか~がうまくいきますように」と、

神様にお任せして流れに任せてしまう。

自分だけの力で、自分だけで責任を取ろうとすることなく、

結果を手放す(結果を委ねてしまう)と、意外とうまくいくかもしれません。

 

いつもいつも頑張っているあなたにこそ、お勧めします。

サンセット