昨日は「ラビングプレゼンス」のワークショップに参加しました。
ラビングプレゼンス(Loving Presence)とは、
仏教瞑想法的な「マインドフルネス」という意識状態を利用した心理療法であるハコミセラピーの基盤となる考え方と実践法であると定義されます。
(ハコミセラピー入門セミナーに参加した際のブログはこちらです)

 

今回も公認ハコミトレーナーの高野雅司先生に教わることができました。
先生の素晴らしいお人柄もあり、分かりやすくとても楽しく学びや実践ができました。
ありがとうございました!

 

人との関わりの中で、まずは「自分」を大切にすること。
「自分」が良い在り方(状態)で居ることで、周りも幸せになり、幸せを与えることが出来る…
そんなことを改めて学ばせていただきました。

 

日本人独特の考え方なのかもしれませんが、
まずは相手に与える(奉仕する等)…そして見返りを求めないという感じがありませんか?

でも、ラビングプレゼンスでは、まず相手の素晴らしさを認め、
そこから自分が満たされる。
そして相手にも与えることができる…素晴らしい考え方とスキルだなぁと思いました。

 

また私が共感したのは、「相手の素晴らしさ」やいのち(存在)にアクセスするという点です。
つい「問題」ばかりが目につきがちですが、
最初に相手の人の素晴らしさを認めて受け取ることが出来るので、
どんなに問題や困難が現れたように思えても、相手を信頼し続けることができ、
そのために相手も「わたし」を信頼することができる…
セッションの中でも通常の人間関係の中でも、
ラビングプレゼンスを活用することで
素晴らしい関係づくりができていくのではないかと思いました。

 

以前の私を含めて、「愛を受け取ることが苦手」(もしくは知らない)方にもおススメです。
ラビングプレゼンスを日常に活かしていくことで、
受け取ることも上手になっていくと思います。
そして自分自身の内面にもフォーカスすることで、
自分を大切にし、愛するという感覚や習慣も身に付きやすいのではないでしょうか。

 

対人援助職をされている方々にはもちろん、
日常の人間関係で悩んでいる方や、
より良いコミュニケーションが取れるようになりたいという方、
人間関係やコミュニケーションにおけるストレスを少しでも軽減したいという方にも、
ラビングプレゼンスは活用できるのではないかと思います。

 

私もカウンセリングの中でラビングプレゼンスを活かしていきたいと思います。

 

今後も愛知県では名古屋を中心に
ハコミセラピーやラビングプレゼンスのワークショップ等が開催されるそうです。
ご関心をお持ちの方は、ホームページ等をチェックしてみてくださいね。

ラビプレ集合写真

ワークショップに参加されたみなさんが、
どんどん「素」の状態になられて、
より素敵な雰囲気、素敵な笑顔になられていく様子も印象的でした。
ご一緒してくださったみなさま、ありがとうございました。

 

くれたけ心理相談室(名古屋相談室)の野口カウンセラーもサポートしてくれました。
居てくださるだけで、ほっこり安心できるので、リラックスして取り組めました。
いつもありがとうございます。

そして、不登校の親の会”ビリーブ”等の活動をされているくれたけ心理相談室(岡崎支部)の榊カウンセラーともご一緒できて、いろいろ教わることができました。
ありがとうございました。