「いい女にならなきゃ、愛されないし、結婚できない」

「仕事でいい結果を出さなくては、意味がない」

 

いつもいつも…
自分自身に、そして自分の行ったことの結果に対して、
成果や評価など目に見える「ご褒美」を求めて、頑張っていた頃がありました。

いつもいつも…
「~すべき」、「~でなきゃいけない」と、
周りを、そして誰よりも自分自身を苦しめていた頃がありました。

 

どれだけ頑張っても満たされないし、
どれだけ「ご褒美」をもらっても、
それを失わないために必死で走り続けていたような気がします。

 

目に見えること、耳で聞こえること、手で触れることが出来るもの…
それらだけが全てではありません。

そのことに気づいてから、それまでとはまるで違う人生を生きています。

 

きっと私は「変わった」ように見えるでしょう。
でも、新しい何かを身に着けるような変化ではなく、
むしろ今まで身に着けていた不要なものを脱ぎ捨てていく軽やかな変化を実感しています。

 

本当に大切なものは、失うこともないし、求め続ける必要もないし、
自分自身や誰かによって価値を損なわれることもありません。

もう外側に「ご褒美」を求め続ける必要もないし、
「もっと良くなろう」と頑張り続ける必要もないのです。

 

「変わらなくてもいいんだよ」
そっと、あなたの内側に教えてあげてみてください。

 

「わたしは変わらなくてもいい」

心からそう思えた時、そう気づいた時に、
あなたの本当の素晴らしさがますます開いていくでしょう。
心が満たされ、穏やかで幸せな時間がどんどん増えていくでしょう。

開いていく花

 

 

私もやさぐれては「こんな私、最低!」とたびたび思うことがありますが…
「ありのままでいい」ことを知っていること、
心が満たされた状態を知っていることで、
本来の「幸せな心の状態」に戻るという選択をすることができます。

 

やさぐれても、不安定になっても、大泣きしても、激怒しても、OKです。

あなたの素晴らしさは決して損なわれることはないのですから。