私、苦手なことはたくさんありますが…
物をなかなか捨てることができないことも、その1つです。

 

「もったいないお化けが出るよ〜」なんてCMを聞きながら育ったせいもあり、
(言い訳です)
「いつか使えるかもしれない」と思って、
いろんな袋を取っておいたり、不要になっても捨てられない癖があります。

 

特に「洋服」がまったく捨てられませんでした。
1枚1枚に「家庭教師のバイトで頑張って貯めたお金で買ったスカートだから」などなど…
「物を大切にしている」という見方もできますが、
「過去に執着している」という見方もできますよね。

 

「断捨離」が大切なことだとは分かっているのですが、できない…
今年は思い切ってパートナーに助けを求めて、
結果、春夏物を半分くらい断捨離することに成功しました。

 

苦手だけとやりたいこと…
「得意な人にお願いする、委ねてみる」
「一人だけで頑張らない」
それも方法の1つかなと思いました。

 

断捨られた洋服たちを見た時…
少々切ないような寂しい思いもありましたが、
心がすっきり軽くなったのを感じました。

断捨離

雨が多くて外に出られない…
家に居る時間を利用して環境を整える時間にあてる、
そんな過ごし方も良いかもしれませんね。