1年ほど前に知り合ったお友達に、
「1年前とは別人みたいだね~」
と言われて、びっくりしました。

 

そういえば、先日も
「変わったよね~。本人は忘れちゃうのかもしれないけど」
と、いつもお世話になっている大先輩にも言われました。

 

そっか…私、変わってきているんだなぁと、しみじみ思いました。

 

自分自身の変化には、なかなか気づかないものかもしれないのですね。

2014年4月の私です

2014年4月の私です

 

そういえば、先々週、右手の親指をちょっぴり火傷しました。
ちょっぴりなのですが、根性がない私は痛みが気になったせいか、
お茶を鞄の中にこぼしてしまうまど…
普段ではしないような失敗をあれこれしていました。

また、どんな動作をする上でも、いかに親指さんが活躍しているかということに感動して、
感謝の日々を送っていました。

でも、1週間もすると、親指さんへの感謝も火傷のことも、すっかり忘れていました。

 

痛みを伴う時は、痛みにばかり注意が向きますが、
治っていく過程というのは、気づきにくく、
治ってしまうと、傷を負ったことさえ、すっかり忘れてしまったりします。

 

「こころ」もきっと同じで、痛い時、悲しい時には意識や注意が向くのですが、
良くなっていっていることには気づかず…

いつの間にか元気になっていたり、
いつの間にか気持ちを切り替えることができていたり、
いつの間にか「別人」かと思うくらい飛躍している…

そんなこともあるのかもしれませんね。

 

時々でも良いので、良い変化や幸せな変化にも意識を向けてみてくださいね。

思っていた以上に、嬉しい変化に気づくことがあるかもしれません。

そんな嬉しい変化・幸せな変化を受け入れて、
もっともっと幸せを拡大していけると素敵だなと思います。

 

 

また、そんな嬉しい変化に気づいてくれるお友達、
いつも見守ってくれている人たちがいることを、とても嬉しく感じました。

みなさまが居てくださること、支えてくださっているからこそ、
今の「わたし」があるのだと思います。

いつもいつもありがとうございます。