今日は外出する仕事や用事はなく、久々にすっぴんで過ごしていました。
たまにこんな風に過ごせることが、贅沢でありがたいことだなぁと思います。

 

女性がメイクすることには、いろいろな意味があると思いますが、
周りからの「目」を意識して…の行為といえますよね。

 

一般的には女性の方が顔に注目されること、見られていることを意識することが多いそうです。
だから、女性の方が頬の辺りが凝って固くなりやすいという傾向もあるのだとか。
ついつい無意識のうちに緊張して、力が入ってしまうのかもしれません。

時々でも良いので、頬もマッサージしながら、
「いつも頑張ってくれて、ありがとう」
などと言ってあげるのも良いかもしれませんね。

 

またメイクは周囲を意識しているという前提から、場合によっては「鎧」の役割も果たしているように感じます。

心が弱っている時、周りに恐れを抱いている時に、メイクが濃くなるという女性、
逆にまったくメイクをする気力すらなくなる女性もいらっしゃいます。

メイク1つとっても、その方の在り方や、心の状況のサインとも受け取ることができますね。

 

なかなか環境が許さない方も多くいらっしゃるかもしれませんが、
時々は「すっぴん」で…
周りの「目」から解放されたことを味わう時間、
お肌を休める時間、
いつも頑張っている「わたし」をねぎらう時間、
着飾ることのない「わたし」で居る時間として過ごすことも、
素敵な休息になるかもしれませんね。

no make

いつも頑張っている「わたし」「あなた」が、自分自身を大切にする時間をもつことができ、
ゆったりした穏やかな気持ちを思い出せますように。