昨日はお休みをいただいて、ワークショップに参加してまいりました。

4月に名古屋で開催され大好評だった「CROSS TALKS」ですが、
今回はリクエストをきっかけに東京にて開催されることになりました。

 

主催は前回と同じ、タカヒロさんとわらさんのお二人です。

タカヒロ&わら

不思議なポーズのタカヒロさん(左)、あたたかく見守るわらさん(右)

お二人とも「奇跡のコース」の学習者であり、
様々な経験を積んでこられた人生の大先輩でもあります。

「奇跡のコース」の概念を大切にしながら、それぞれの視点で、
「わたし」」とはどのような存在なのか、
身体と心の関わりについて、
そして、身体とどのように付き合っていくのか…
等々について、お話しをしてくださいました。

 

私が特に心に残っているのは、
私たちがいつも重力と共に在ること、
そして「重力=愛」だという、わらさんのお話しでした。
(私もですが、このことは皆さん、衝撃的だったようで、会場がどよめきました)

 

自分の足で立ち上がった瞬間から、重力に抵抗しながら過ごしているという現状、
その中で、「重力と調和しながら生きていく」という新しい選択肢と、
その具体的な方法について聞くことができました。

わらさんは熱い想いをお持ちの優れたボディーワーカーで、
身体に対する実践の中で培われた想いや言葉は、どれも心に響くものでした。

 

また目の前のことを1つ1つ丁寧に心を込めて、できることから実践していくことで、
どのような「こと」からも喜びを受け取ることができるということ…
シンプルでありながら、奥が深くかつ実践的なお話しを、タカヒロさんから聞かせていただきました。

毎瞬、どのような選択をしていくのか…そのような自分の在り方について問われ、
私にとっては反省点ばかりで耳が痛いものでしたが、
大切なことを教えてくださり、ありがとうございました。

 

ワークショップ全体はとても和やかな雰囲気で、
ご一緒したみなさんお一人お一人が心を開いて、安心して気持ちを伝え合うことのできる、
素晴らしい「場」でありました。
自分の「こころ」に正直であることの大切さもひしひしと感じました。

クロストークス東京編

ワークショップ後は、ご一緒してくれたお友達の紹介で、美味しいメキシコ料理をいただきました。
私、人生初のメキシコ料理でしたが…とっても美味しかったです。
美味しいお料理をご馳走さまでした。

ワークショップの内容も素晴らしかったですし、参加者の皆様と繋がっていける貴重な出会いの場にもなりました。

 

タカヒロさん、わらさん、素晴らしいワークショップを、ありがとうございました。

ご一緒してくださった皆様、素敵な時間をありがとうございました。