雲の写真

 

今日の夕方、空を見上げて、
「あ、龍だ!」
と、思いました。

 

その景色は…
ある人から見れば、「いつもの夕暮れ空」で、
他の人から見れば、「曇り空かぁ、明日も雨かなぁ」で、
またある人は、「水蒸気が冷えて小さな水滴になり、可視化されたものの集まり」
と、見えるのかもしれません。

 

私たちは、同じ景色を観ているようでも、誰一人、同じ景色を観ていないことに気づきます。

 

私が「龍」だと思ったのは、
龍という生き物の存在や形、空を飛ぶもの(実在するかどうかは置いておいて)…
それらの過去に得た知識があるから、そのように認識することができます。

言い換えれば、「過去」というフィルターを通して、「いま」を見ているのです。

 

それは「状況」においても同じように受け取ることができるのかもしれません。

例えば、「お金がない=辛い、不安、困る、生きていけない、惨め…」などなど、
様々なフィルターや前提を通して観た結果、
「私はお金がないから、不幸。お金がないから、辛い」
そう感じるのだということにもなります。

でも、「お金がない=不幸…それは絶対にそうなのだろうか?」
と疑問を持ってみると、少し違った景色を観るきっかけになるのかもしれませんね。

 

そして、「わたし」が観ている世界は、
「私の過去」というフィルターを通した結果だとしたら…

過去を癒していくこと、
不必要になった思い込みを手放すこと、
「常識」や「前提」を疑ってみることで、
まったく違う景色を選択することができる…
そう考えることもできるのだと思います。

 

「わたし」は何を観ているのだろう?
「わたし」は何を観たいのだろう?
そして、「わたし」は今、どう在りたいのだろう?

私の心に聴いてみることで、本当の願いに気づいて、
まったく違う「いま」を選択することだってできるのだと思います。

 

 

あなたの「いま」が幸せでありますように、心から祈っています。