「最近、頑張り過ぎているかも」
「私ばっかり尽くし過ぎているのかなぁ」
「深く考え過ぎてしまう」などなど…

 

「~過ぎている」と、感じることが多い時…
「(あなたの思う)キャパを越えていますよ」というサインかもしれませんね。

 

そんな時は少しだけ力を抜くように意識してみる、
自然に出来る範囲・快適に居られる範囲に戻れるように意図してみると、
楽になれたり、物事がスムーズに動きだすということを感じることも多いような気がします。

滝

 

無意識に「~過ぎている」と思っていたり、口癖になっていたり…
それは、自分でOKを出せる範囲を超えて取り組んでいるということ、
または少し犠牲を払っている(身を削っている)と感じているのかもしれませんね。

 

そういう時には、
「~過ぎている」と思うほど力を注いでいる自分に気づくことが大切だと思います。

そして、できれば力を抜いて、自然に無理がなくできる「適切な力加減」が出来るように心がけてみると良いかもしれませんね。

 

 

「~過ぎている」と思う時には、ご自身が思う「限界」を越えるくらいの
努力、時間、力、想い…様々なものを注いでいるという事なのだと思います。

そんな時には知らず知らずに、注いできたもの以上の結果や「お返し」を期待していると気づくことも多いのです。
「自分の許容範囲を超えるくらい頑張ったのだから、それ相応の対価があるはず」
という感じでしょうか。

 

結果を期待している時…緊張感も伴うもの
期待していた結果が得られない時…「がっかり」、「~過ぎている」が大きいと怒りに変わる場合も

 

きっと想像している以上に、「~過ぎている」と感じているということは、
「いま」もそして、「未来」にも緊張感や疲労感を感じやすい状態なのだと思います。
そして、そんな風に力を入れ「過ぎている」時には、
あまりうまくいかないことも多いような気がします。

 

「適切な力加減」がよく分からないなぁと思う時には、
思いっきり休んでみる、
パーッと手放してしまう、
心がときめく別のことに取り組んでみる…

どんなことでも良いので、「~過ぎている」ことから少し離れるようにすることもお勧めです。

少しだけ離れてみると、「~過ぎている」と感じていたことも、
違って見える(違う視点から見る)ことも多いのだと思います。

 

秋の気配がしてきたこの季節、夏の疲れも出やすい頃だと思います。
少しだけゆっくりできる時間を作っていただいて、ご自身のサインに耳を傾けてあげてくださいね。