9月6日に開催された、「身体」にフォーカスされたワークショップに参加してきました。

 

主催はこちらのお二人。

わらさん&いおりさん

身体のスペシャリストわらさん(藤原康生さん)と、
名古屋ACIMのリーダー高木いおりさんです。

 

心も身体も深い繋がりがあり、どちらもとても大切なことだとは思っていましたが…
驚きと、「そっか!」と腑に落ちることの連続でした。

 

私たちは知識を得ること、思考をいかに効率的に使うかということ等を、
学校教育を中心に訓練をしてきましたが…
(こちらは大脳のトレーニング)
古くからある生物脳の脳幹に着目することで、
より自由により自分らしく生きていくことができる…そのようなことが印象に残っています。

 

具体的にはどうれば良いかというと、
五感(視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚)を鍛えるということが大切とのことです。

例えば嗅覚を鍛えるのならば、いろいろな香りを嗅いでいくこと。

またついつい評判や周りの意見(思考や前提)に惑わされてしまうことも多いのですが、
自分の感覚を信頼するようにしていくことが大切だということ。

例えば「このお店が人気」などの情報ではなく、
自分自身の味覚を大切にすること、
美味しいものもそうではないものもいろいろ食べてみることなどなど…
自分の感覚を使うと意図すること、実践すること、経験を積むこと…
それらにより、味覚もどんどん開花していくのだということです。

 

私もそうですが、詰め込み型の勉強ばかりしていると、
わくわくする感覚、楽しい感覚、「好き!」をいう感覚が鈍くなっていくような気がします。

生きていく上での喜びを見つけたい、
本当に自分が好きなことを探したい…
そんな方々にとっても、五感にフォーカスすることは良いきっかけになるかもしれませんね。

 

午後は盛りだくさんのワークでした。
例えば、「歩く」ということ。
この動作だけで、いかに「わたし」ということが反映されているかに驚きました。
(私だけではなく、皆さんそうだったようです)
お互いに歩き方を観察すること、真似をしてみることで得られる気づき…
楽しいながらも深い気づきに結びついたワークでした。

 

ちなみに私は「ヒヨコ歩き」だそうです。
以前から指摘されることはありましたが、
「まさか!(そんなはずはない)」と否定してきましたが…
異口同音でしたので、まずはそのことを認めて、
私自身と向き合いながら、歩き方についても選択していきたいと思います。

 

とても深い学び、とても和やかで楽しい時間を、ありがとうございました!
いおりさん、わらさんはもちろん、参加者お一人お一人のあたたかいお心があってこその、
素晴らしいワークショップだったと思います。
ご一緒してくださった皆様、ありがとうございました。

CROSSWORKS

 

心と身体は大切…ということに関連して、
こちらのイベントにつきましてもご紹介させていただきます。

【「至福の二日」心と体のスーパーメンテナンス】10月17~18日(inねむの郷)

高橋小百合さん(ファーストヨガ代表)と竹内嘉浩さん(くれたけ心理相談室代表)を中心に、こちらのイベントが開かれることになりました。
はやし(私)も主にメンタルワークの中でサポートさせていただきます。
詳細はこちらのリンクをご覧くださいませ。

お問い合わせやお申し込みにつきましては、上記もしくははやしまでお気軽にお寄せください。
どうぞよろしくお願いいたします。