ゆっくり休むことができていますか?

 

なんだか気力が出ない、
いつも体がだるい、
気づくと、ぼーっとしてることがある、
あんまり笑えてないかも…

そんな時には、「休んでね」というあなた自身からのサインかもしれません。

 

どうぞあなたなりの方法で、心も身体も…休養できる時間をとってあげてくださいね。

努力が足りない?怠け者だから?
…そんな風に責めることなく、力を抜いて、緊張感を抜いて、ゆるゆるできるように意識してみてください。

 

休むことは遠回りなことでも、時間の無駄遣いでもありません。
ゆっくり休むことができると、自然に一歩を踏み出すための元気もでてくるかもしれませんね。

ゆっくり休んでね

 

 

 

不思議なくらい…私たちは「休むこと」を教わっていないことに気づきます。
”努力しなさい、頑張りなさい、どんどん力をつけなさい”…
そんなことばかり繰り返し聞いてきたように思います。

 

だから、「自分に合った休み方」を知らないことも多いのかもしれませんね。

 

「どんな風に休めばいいの?」そんな風に思う時には、
できるだけ周りに耳は貸さず(情報に振り回されず)、
ちょっぴりでも、「いいかも」と思うことを試してみてください。

 

実行してみた後に、「どう?」と、自分に問いかけてみてください。

いつもより肩の力が抜けてる、
なんだか嬉しさがわいてくる、
頬が緩んだみたい…

などなど、サインもそれぞれなのですが、心や身体が喜んでいそうならば、大成功です。

 

また、「休む」練習をした時に、「こんなにだらだらしていいのだろうか?」など、
罪悪感を感じる方もいるかもしれませんね。

 

罪悪感がもしも湧いてきたら、否定したり抑えたりすることなく眺めてみてください。

「あ~、だらだらしてるとお母さんが、”お父さんみたいになっちゃうよ”って、いつも言っていたからだ」
など、罪悪感の1つのきっかけが見えてくるかもしれません。

その時に、その罪悪感を持ち続けたいのか、「もう要らない」と思うかは、ご自身で選択することができますね。

 

 

私も休むのはなかなか不得手ですが…
久々に「なんの予定もない1日」をいただけて、かなり充電できたことに気づきました。

ぱーっと遊ぶことが「休むこと」な方も、
家でのんびりが「休むこと」な方も、
もっと別な「休むこと」も…
休み方は本当に人それぞれだし、どれもOKなんだと思います。

 

1年の中でも特に過ごしやすいこの季節。
ご自身にとって、もっとも必要な過ごし方ができると良いですね。