バレンタインデー…ということで、チョコレートケーキを作ることにしました。

今回は試作として、チョコレートパイを作りましたが…
あまりの形のひどさに断念。
お味はなかなか美味しかったので、またの機会に譲ることにしました。

 

たまたま見ていたTVのお菓子作りで、レシピを決定して、チョコレートケーキを作ってみました。

TVということもあって、
動画でのお菓子作りはわくわくで、
誰にでも簡単に出来そうに見えてきて…
試作を作ることなく、本番のケーキ作りに取り掛かりました。

刻んだチョコレート

チョコレートは刻みます。
たいていの作業はそうなのですが、慣れてきたころには終了です。
上手に刻めるようになりました。

 

その後は湯煎でチョコレートとバターを溶かして、
全卵をよく泡立てたものとココアパウダーとあわせていきます。
(夢中で作っていたので、写真は撮り忘れてしまいました)

空気を少し抜いたら、オーブンで焼き上げます。
5分ほど焼いてから、杏子やナッツ類をのせて、更に焼き上げます。

 

おぉっ、意外にふわふわ美味しそう~…と、思いきや、
杏子が丸焦げになっていました。
温度も時間もレシピ通り…
唯一レシピと違っていたのは、レシピはドライいちじくだったということ。

この丸焦げになってしまった原因は今でも不明です。

丸焦げの杏子

 

気を取り直して、別の杏子をのせて出来上がり。

チョコレートケーキ

ただ、あたたかい内はいいのですが、
冷めてくるとこんな感じ。

チョコレートケーキ(カット済)

カットすると、ちょっと椅子っぽい。
でも、小麦粉を使わなかったせいもあってか、かなり濃厚で、チョコレート好きにはたまらないお味にできました。

 

そもそも…パートナーがそこまでチョコレートが好きではなく、
「市販のアーモンドチョコでいい」
と言っていたくらいなので、ほぼ私の自己満足なのかなぁと振り返ります。

どんなケーキを作れば一番喜ぶのかが分かっていながら、チョコレートのホールケーキを作ってしまう…
そんなマイペースな私にも苦笑いをしたり面白がりながら居てくれる、相方に感謝です。

 

来年はブラックサンダーみたいなチョコレートバーを作ってみようかなと考えたりしています。
今年ほど、重量感のあるチョコレートケーキ以外で検討してみようと思います。