私は私のために生きる。
あなたはあなたのために生きる。

 

私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

 

私は私。あなたはあなた。

 

でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

 

波紋

ドイツの精神医学者であり、のちにローラ夫人と共にゲシュタルト療法を創始したフレデリック・S・パールズ(1893~1970)の「ゲシュタルトの祈り」です。

 

初めて私がこの祈りに出会ったのは、5年ほど前…恋愛依存症で苦しみながら、カウンセリングを受けていた頃でした。
その時は、「なんて冷たい祈りなんだろう」と思ったことを覚えています。

 

誰かのために生きたい私でした。
誰かのためにしか生きれない私でした。

そして、誰かに必要とされないと不安で不安で…一人で立つことなどできませんでした。

 

今、この祈りに出会うと…その頃とは違う、あたたかい気持ちが胸に湧いてくることを感じます。

誰かを縛る必要のない自由、私が私で居ていいという自由を感じます。

私が想う「愛」はまったく違う形になってきているのだと実感します。

 

この祈りが正しいとか間違っているとか、そういうことではなくて、
この祈りによって湧いてくる「こころ」に耳を傾けると、
自分自身がどのように人と関わっているか、
関わっていきたいのか、
課題を抱えているのか…様々なヒントを与えてくれる、そんな祈りだと私は思っています。

 

どのような想いが湧いてきますか?

どのような想いも、今の「わたし」の一部であること…抱きしめながら祈りたいと思います。