「正しさ」を基準に生きていくならば、敵ばかりに出会うでしょう。
それは、自分の「正しさ」を示すために。

 

「常識」を大切にするならば、迷惑な人ばかり目につくかもしれませんね。
それは、自分が「常識」的であることを確認するために。

 

こうある「べき」を強く持つことは、
自分自身を拘束することであり、
他人を裁き続けることであり…
どちらも不自由であり、苦しさを伴うことでしょう。

色のついた石

 

自分自身が「ありのままに生きられない」、「なんだかいつも緊張している」、「不安ばかり感じている」…
もしくは、「他人の行動にイライラしがち」、「人間関係のトラブルが多い」…
そんな風に感じる時には、
ご自身にもしくは周囲の人に、「~べき」を課していないか振り返ってみることも方法の1つだと思います。

 

まずは「べき」から見ている…ということに気づくことが大切です。

どんな「べき」を持っているのでしょう?
特に強く、こうある「べき」と裁いていることは、どんなことでしょうか?
…などなど、ご自身の「こころ」を振り返ること、
そして、日常の中で「べき」とジャッジした瞬間に気づくことも重要です。

 

「~するべきなのに」って思ったことに気づいた次のステップは…
認めること。

「~すべきって思う”べき”じゃないのに」とご自身を責めるのではなく、見守るように、ただ「気づいてあげること」が認めるためのコツです。

認めるということは、肯定することでも否定することでもなく、
「あ~、私、”~するべきなのに”って思ったなぁ」
そんな風に気づいてあげること、ご自身の想いを見てみる振りをすることなく、眺めてあげること。

そして、その「べき」を持ち続けるかどうかを選択する…
そんな風に、ご自身の「こころ」を見守っていくと、
少しずつ「べき」から自由になっていくことに気づかれると思います。

 

「~べき」はレッテルで彩られた色眼鏡のようなもの。

外すたびに、自分自身のことも相手のことも「ありのまま」出会うことができるようになっていく…
そんな風に思うと、「自分の心を見ながら”べき”に気づく練習」も、楽しみに感じることが出来るかもしれませんね。