7月のくれたけ心理相談室のカウンセラークエスチョンに取り組みました。
質問は…

 

「あなたの”生きる原動力になるもの”を教えて下さい」

 

今月のもう1つのカウンセラークエスチョンでも書かせていただいたのですが、
小さい頃からカウンセラーに憧れ、ずっと対人援助職をしてきました。
きっとそこに私の原動力があるのかなと思いました。

 

私が人と関わらせていただく時に、もっとも喜びを感じるのは、
「分かち合えた時」です。

 

カウンセリングをしている時も、日常の人間関係の中でも、
分かってもらえた、
分かりあうことができた、
なんだか「繋がれた」と感じる時、
なんとも言えない喜びと、心も身体も「ゆるむ」ことを実感します。

 

カウンセリングの時、とても悲しい時間を過ごしてきたクライエント様のお話に、
一緒に悲しい想いに寄り添わせていただきながらも、
ふっと「繋がれた」感じがする時があって…
その後に、ほろりほろりと絡まった糸がほどけていくように、
どうにもならないと思っていたようなお悩みにも、
光が差してくることを目撃させていただくことが多々あります。

そして、少しずつ本来の輝きを取り戻すクライエント様のお姿を見せていただくことは、私の喜びでもあります。

 

私は長い時間、「人が怖い」と思って過ごしてきましたが、
心の奥底に「私のことを分かってほしい。分かりあうことをしたい」という想いは、
ずっと持っていたような気がします。
きっとすべての人たちが、(無意識の場合も多いかもしれませんが)
「分かち合うこと、繋がることを、どこかで願っているのでは?」と、私は思っています。

分かち合い、繋がることのできた関係の先に、
これまで思いもよらないような世界が拡がっていきます。

そんな素晴らしい瞬間に関わらせていただくこと、立ち会わせていただくこと…
それこそが私の原動力だと思います。

 

花火

#43「あなたの”生きる原動力になるもの”を教えて下さい」