とっても久しぶりに美術館に行ってきました。

豊橋美術館

豊橋公園、吉田城などに隣接している豊橋市美術博物館です。

アンドリュー・ワイエスさん…なんとなく気になって調べてみると、
「クリスティーナの世界」という絵をずっと昔に拝見して、印象に残っていました。

今回の絵画展には「クリスティーナの世界」はないのですが、
同作の数多くの習作も展示されていました。
多くは、「オルソン・ハウス」と呼ばれるメイン州(アメリカ)の海辺に在る家と、その家に住んでいたアルヴァロとクリスティーナの姉弟が描かれていました。

 

とても透明感のある素敵な空気感の絵画ばかりでした。
派手さはないのですが、どの絵にも光を感じることができ、
心がが澄んでいくのを感じながら、観ていました。

ふと…涙がこぼれ始めたことに、驚きました。

「驚いた」と思ったのは、絵の対象としては、
家、農具、少しだけ人物、草原…
対象物そのものが心を動かすこと、またはストーリー性があるものではなく、
ただ静かに「在る」という絵ばかりでした。
(私が情報収集をしていなかっただけなのかもしれません。私の認識の中で感じたまま書かせていただきました)

私が涙を流した絵も、「青い計量器」という絵で、対象物自体が心を動かすとは思えないものでした。

 

きっと…画家さんがそこに在るものを、単に物理的な対象物として描いていたのではなく、
「もの」である以上のことを受け取り、それを表現してくださっていて…
だから、絵を見る「わたし」が対象物以上のものを受け取り、心が動いたのかなと感じました。

 

アンドリュー・ワイエス

 

カウンセリングも、それ以外の人間関係の中でも、
本質を受け取ろうとすることの大切さと重なりました。

目の前の相手がどんな状態であっても、
何が起こっていたとしても…
ずっと奥にある本質を見つめ続けること、信じ続けること、受け取り続けることで、
必ず光に気づくことができるのだと思います。

そして、その受け取ったことを、お伝えしていくこと、共有していくことで、
ご自身の本来の輝き、強さ、素晴らしさを思い出していけるのだと思います。

 

絵画とカウンセリングではもちろんまったく違う分野なのですが、
本物の素晴らしい絵を拝見する機会があって、
目の前に在ること以上の本質を見る目(=心)を養っていくことの大切さを感じた絵画展でした。