「どうせ誰かに話したところで、この問題は解決しないから」
「自分一人でなんとかしなくちゃ」
「周りに心配をかけたくないから…」…

そんな風に、自分一人で抱え込んでいる人や一人で頑張っている人が、多くいらっしゃるように思います。

吐き出してみる

 

私自身、少し前まで一人で悩んでいたことがありました。
「自分のことなんだから、自分でなんとかしなくっちゃ」
「私が弱音を吐いたら、きっと家族が心配するから」
「話したところで、私の問題なんだから、どうにもならない」
…自分で勝手に抱え込んで、一人で不安になって、どんどん不安になって、状況も悪化するばかりに思えました。

 

そんな時、「もう無理だわ」
ぷつっと糸が切れたように、諦めた瞬間がありました。
大切な家族に心配させるだけかもしれないけど、何も解決しないかもしれないけど、
「全部吐き出してしまおう」
そう決めました。

 

ぜんぶ全部話しました。
とっても不安なこと、これまでやってきたけどダメだったこと、この先のこと、自分だけではどうにもならないから助けてほしいこと…
自分でも情けないと思うようなことも、かっこ悪いことも、ぜんぶ全部話しました。

家族はどんな対応をしてくれたのでしょうか?一緒に泣いてくれた?

 

…いえいえ。
私の話を全部聞いて、受け止めてくれて、淡々と…「いま」のこと、「これから」のことを一緒に考えてくれました。

結局、何か解決したわけでも、対策が出来たわけでもないのですが、
「心が晴れるってこういうことなんだ」
と思うような…抱えてきた悩みや不安を吐き出したことで、これまで立ち込めていた「不安」という雲が晴れて、心が澄み切っていきました。

元気もわいてきて、翌日からはいろんな状況が少しずつでも改善してきていることが、はっきり分かりました。

2か月ぐらいずっと一人で悩んでいたことが、ほんの1時間くらい話をしただけで、状況が一転しました。

 

カウンセリングで起こる「気持ちが晴れること」、
同じ状況であっても「見え方が変わる」→「結果的に、物事が好転する」…
このことを、はっきり自分の経験として感じることができた出来事でした。

ちなみに「家族」はカウンセラーではありません。
カウンセリングの場面では、カウンセラーとして必須のことだと思う要素のいくつか…
・とことん話を聴いて(傾聴)、受け止める(受容)
・どんなに目の前の方が動揺していても、自分(聴く側)の軸がぶれない
…他にもあるのだと思いますが、少なくてもこの2つの態度を持って私の話を聴いてくれたから、私は救われたのだと思います。

 

自分では抱えきれない悩みがある時に、カウンセリングを受けることも方法の1つです。
上記のような受け止め方をしてくれる信頼できる人がいるのなら、その方に話してみるのも方法の1つかもしれませんね。
また大切な人に悩みを打ち明けられた時に、こんな風に聴くことが出来ると、明るい方向性が見えてくるのかもしれませんね。

 

神社のご神木

私の不安も収束に向かっているので、お礼参りに近所の神社を参拝してきました。
すべてに心から感謝です。