真っ暗な場所で、静かに過ごしたい。
とにかくゆっくり眠りたい。
一人ぼっちは少し寂しいけれど、誰にも会いたくないんだ。

 

そんな風に思う時もあるかもしれませんね。
きっとそれも、とっても大切な時間。
自分自身からのシグナルをきちんと受け止め、エネルギーを蓄え、養うための時間。

羽ばたく蝶

 

私の尊敬する方が、「強い青虫にならなくたっていいんだよ。本当は蝶なんだから」そんな風に教えてくださったことがありました。

自分を責めて、「ダメな人間だ」と思って、
みんなから認められて好かれるような素敵な「人」になりたいと思っていた頃がありました。
自分のことが大嫌いで、自分以外の誰かになりたくって、
必死にもがいていた頃がありました。
そんな私にとっては目からうろこでした。

 

蝶のお話で想像してみるならば、
青虫の時には…たくさん食べて成長すること、触れながら発見すること
さなぎの時には…静かに留まり変化を待つこと、自分と向き合うこと
蝶の時には…自由に羽ばたくこと、パートナーと結ばれ、子孫を残すこと

それぞれに、大切なことや必要なことがあります。
自分自身の「たいせつ」を見つけて、在り方を選択することで、変化し続けます。

 

「蝶」だけが素晴らしいことでもゴールでもなくって、
それぞれのプロセスが不可欠で、掛け替えのないものだと思います。

そして誰かと比べる必要はなくって、
自分自身の必要としている在り方を知ること、
自分自身に寄り添うことが、とても大切なのだと感じます。

 

あなたは今、どの「時間」を過ごしているのでしょうか。

なんだか生き方に違和感を感じた時、
自分らしくありたいなぁと感じた時、
訳もなくしんどさを感じる時には…
自分に問いかけながら、
自分にとって適切な在り方へと調整したり、
どんな思いであれ認めてあげたり、
労わること、または感謝することで、
「本来のあなた」ご自身へのステップへと繋がっていきます。

 

ありのままで在ることを認めること、ゆるすこと、
それこそが飛翔への大切なプロセスなのかもしれませんね。