お休みの日でも、なんだかリラックスできていない…
お休みの日だからこそ、「~しなきゃ」と走り回ってしまう。

休んだはずなのに、週明けから、なんだかぐったり…そんな風に思うことがあるかもしれませんね。

 

「目標」を持って頑張っていくこと、
自分を高めるために何かを始めること…
そういうことは、意外と簡単にできたりもします。

逆に、「~した方がいい」、「~するべき」だと思って始めたこと(タスク)を減らすのは、
なかなか難しかったります。

 

必要だと決断して始めたことを辞めてしまうと、
なんとなくまずいような気がする、
悪くなっちゃう気がする、
怠けているような気がする、
誰かに怒られるんじゃないかと思う…
漠然とした不安や心配を抱えているから、辞められずに続けている習慣もあるかもしれません。

 

まだなんとか熟せている内はともかく…
疲労感が貯まっているのに、忙しくしてしまう、
のんびりすることに罪悪感を感じてしまう…
そんな時には、日々の習慣やタスクの中で、
省けるものを探してみること、
思い切って辞めてしまう(試しに辞めてみる)と、良いかもしれません。

 

例えば、
携帯やパソコンの電源をつけない時間を作ってみる、
ノーメイクで過ごしてみる、
毎日、欠かさず行っている運動(散歩やヨガなど)を休んでみる、
目覚まし時計をセットしない日を作ってみる、
愛想笑いをやめてみる…
どんなことでも良いと思います。

 

実行してみると、「やらなくてもいいこと」に気づくこともあるかもしれませんし、
「やることを負担に感じている」ことに気づくのかもしれません。
辞めてみたからこそ、「やっぱりこれは必要なことだ」と大切な習慣に気づくきっかけになるのかもしれません。

いずれにしても、実際に「辞めてみる」ということ、
そして、辞めてみた時に抱く「思いや実感」を大切にしていただければと思います。

 

物理的な断捨離もとても大切なことですが、
時間の使い方やタスクの断捨離も大切なことだと感じます。

時々、日々の過ごし方や時間の使い方を振り返ってみることで、
疲労感をためにくくなったり、
自由な時間を確保できたり、
自分自身の本当に「やりたいこと」に気づかれるかもしれません。

時は金なり

 

自由な時間を作ることが出来たら、
いつも頑張っているあなた自身に「自由な時間」を贈ることが出来たら、
どんな風に過ごしてみたいと思いますか。