2018年も間も無く幕を閉じようとしています。

今年を振り返る中で…
何度も繰り返し、教わったり、気づいたりしているのに、
まったく進歩がない私の癖。

それは、「先送りにする癖」です。

 

言い訳も大の得意で、
いろんな言い訳を重ねては、
「また今度でいっか」
と、先送りにする。

少し経ってから、後悔しては、
「今度こそ、頑張る」
と、また先送りにする。

いったい「今度」はいつくるのでしょうか。
いえいえ、まったく「今度」がきていないから、
繰り返しているということに愕然とします。

 

3年前には、こんなことを話していましたし、
昨年も、今年も、
尊敬する方に「明日なんてない」と教わっているのに…です。

 

これはもう、「来年こそは…」という姿勢ではなく、
「今、どう生きるか」
ということを大切に、今日を生きてみました。

 

それでも、「先送りにする癖」は時々出てきてしまうのかもしれませんが、
繰り返し、
本当に在りたい姿勢、
時間の使い方を自分に問いながら、
今を生きようと思います。

2018年最後の空

 

今年最後の空。
同じ空は二度と見上げることはできない、
そう心に刻んだ2018年最後の日です。

 

今年はいくつもの決断をした年でした。
新しい出会いもあれば、
少しずつ距離ができた方々もいらっしゃいました。

「明日はない」

そのことと同じように、
出会いや別れも、
毎瞬、毎瞬、かけがえのないものだと強く感じました。

 

そんな大切な時間を過ごす中で、
私に出会ってくださった方々、
変わらぬ関わりをもってくださる方々、
少し距離ができても見守ってくださる方々…
ご縁をいただきました皆様方に、心より感謝を申し上げます。

常に研鑽を重ね、
精一杯心を尽くして関わらせていただきたいと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

皆様のますますのご健康とお幸せを、心よりお祈り申し上げます。