今日はハンドリフレクソロジーの講座に行ってきました。

手にも足と同様に様々な反射区があり、マッサージをすることで不快症状を改善したり、心身のリラックス効果を得ることができます。

他に代謝をあげたり、気の調整、血行促進などの効果もあるそうです。

 

 

今回、講座を開いてくださった方はレイキなどのヒーリングにも精通している方で、エネルギー的なヒーリングも含めて教えていただきました。

 

 

「おおっ」と思ったのは、技術以上にセラピストとしての心得の大切さでした。

一貫してお相手を中心に、お相手の立場に立った配慮や施術をすること、思いやりや愛を持って施術すること…などなど。

また「上手にやろう」という自己満足や、「失敗したらどうしよう」という不安はもちろんお相手に伝わってしまうので、とにかく自分が良い状態で行わなくてはいけないこと。

 

 

ついつい失敗を恐れて、緊張しがちな私ですが…

とにかく真摯にお相手の心地よさ、愛をもって接することだけに集中していると、

「自分」を排してなんとなくお相手と一体になれるような感覚になり、とても楽しみながら施術ができることに気づきました。

そういう時は、お相手も「気持ちいい」と感じてくださるようです。

 

 

今日の講座を活かして、まずは大切な家族の手を癒すことから、練習していきたいと思います。

photo credit: A. Pagliaricci ♦ via photopin cc

photo credit: A. Pagliaricci ♦ via photopin cc