昨日、おしゃべりをしていた時に、
「心配されるのは、本当にありがたい」
と、友人は話していました。

心配されたいし、心配されると安心するようです。    

 

そういえば、私も以前は「心配されたい」人でした。  

「心配してくれる」
→「相手が自分のことを気にかけてくれてる」
→「大切にしてくれてる」
→「愛されてる」

などと考えていました。  

 

心配されない自分は、価値がないと思ったり、孤独だと考えていました。

だから、それを思い返すと友人が「心配されたい」という気持ちも分かります。    

 

でも見方を変えると、
「心配される」=「弱い人」、「自立してない人」、「不幸な人」…
そういう前提もありますよね。

完璧な人や幸せな人、満ち足りている人を心配することはあまりないのですから。  

 

「心配されたい」が不幸せな状況を作ってる?

多くの場合は無意識なのですが、
「心配されたい」(≒愛されたい)と願うあまりに、
自分がそのような役割を演じてしまったり、
そのような状況になるような選択をしてしまい、
「心配される必要がある」ような不幸せな状況を作ってしまう事があります。    

 

私はとにかくこれをしていました。

何かに取り組んでもなかなか習得できない、
出来ていても「自信がない」と逃げては誰かに手を焼いてもらう、
「心配される人」をしていました。  

 

もしくは、自分のことを責め立てたり罵倒するような…
厳しい上司が居たり、厳しい恋人を敢えて選んでいたり…
いつでも幸せになれない「不幸な私」というストーリーを選択していました。

なぜなら、幸せになったら誰も「わたし」を心配してくれなくなるから、
気にかけてもらえず孤独になるから…
そんな恐れを抱いていました。  

 

これでは、いつまで経っても幸せにはなれませんね。  

 

もちろん「やっぱり心配されるのが好き」と思う方は、
それも選択肢の一つだと思います。    

 

でも、なんだかうまくいかないパターンを繰り返している、
なんとなく思い当たる節がある。

そしてそれを「変えたい!」と思う…
そういう場合には、 「ストーリー」を振り返るでも書かせていただきましたが、
自分の持っている前提や定義を振り返ってみてください。    

 

例えば、小さい頃に 「風邪をひいた時だけお母さんが心配してくれる」ことに気づいたとか。

「自分が弱っていると、愛(愛のようなもの)をもらえるようだ」と、
学んでしまったのかもしれませんね。    

 

ここで確認したいのは、
「心配してくれる=愛」なのか?
ということ。  

 

もう1つ、
「弱っていないと、愛を与えられない」のか?
ということ。    

 

私の場合には、「愛」についての認識や定義も訂正しました。

また、不幸や弱いことが愛を与えられる前提ではなく、
「幸せでありながら、愛を与えられたり与えることができる」
と訂正しました。

そして、幸せになるために今までと違う選択肢を選ぶと決めること、
今までと違う言動を実践していくことをしています。    

 

「心配されたい」から自由になる方法

手順としては、 繰り返す嫌なパターンを見つけたら…

①関連した(パターンのもとになっている)自分の中の前提や定義、
ストーリーやパターンを振り返る。

②「もう要らない!」と思う①があったら、訂正する。

③今までとは違う選択肢を選んで実行していく。

ということになります。    

 

「もう手放したもん」と思っているような課題でも、
長年しみこんだパターンを変えることは簡単ではないかもしれません。

今回、私が「心配されたい」と思ってしまっていたという課題も、
まだまだきちんと解消されていなかったから、
そのことを友人が気づかせてくれたような気がします。  

 

時々、自分の心に問いかけながら、
より幸せになるための選択が毎瞬できるようになると良いですね。

 

一人で課題に取り組むのが不安な場合は…

一人で課題と向き合うことが辛いと思うこと、不安に思うこともあるかもしれませんね。

もしもそのような場合には、
今のお気持ちを素直に話せる方
(あなたが「心配してほしい」と思う相手と繋がりのない方)に、
「今、こんな気持ちで居ます」と、
話してみることをお勧めします。

一人で抱えていらっしゃるお気持ちを、
信頼できる方に話すだけでも、
きっとずいぶん気持ちが楽になったと感じられることと思います。

 

もしもそのように「話ができる方」が思い当たらない場合には、
以下の①~③を、思いつくままにノートに書いてみてください。

 

①「心配されたい」と思うきっかけになったことや、
    これまで繰り返している「心配されること」に関するストーリー

②手放したいストーリー(パターン)を決めて、どんな風に訂正したいのか考えてみる
③その上で、どのように選択をしていく(いきたい)のか、決める

 

どのような書き方でも大丈夫です。
書いてみることで、頭の中で考えているよりも、
俯瞰してみることにもなります。

もしも「書くことが面倒」だったり、
書いてみても「イマイチ意識の変化が持てなない」ということであれば、
カウンセリングを利用するのもひとつだと思います。

状況①、②をカウンセラーに話された上で、どうすればよいか迷っている旨をお伝えし、
手伝ってもらうことが効果的です。

 

ただしカウンセリングでは、カウンセラーとの相性もとても大切なので、
カウンセリングを受ける場合には、
プロフィール等をよくご覧になって、感覚的に選ばれることをお薦めいたします。

私、はやしも、カウンセラーとして愛知県豊橋市に拠点を構えており、
近郊の方でない場合は、電話やスカイプでも対応しております。

プロフィールのリンクを付けておきましたので、
ご興味を持っていただいた方は、確認してみてください。

プロフィール(はやしかつえ

 

あなたの毎日がますます輝きますように、心からお祈りしています。

シクラメン