ふと気がつくと涙があふれて止まらなくなる、
俯いて過ごしていることが多いと感じる時、
ネガティブな想いしか抱けない時…

 

もしも涙があふれるなら、泣いてください。
どんな言葉でも良いので、あなたの想いを大切な人に聴いてもらってください。
立ち上がる気力を感じないのなら、どうぞゆっくり休んであげてください。

 

湧き上がる悲しい気持ち、辛い気持ち、寂しい気持ち、やりきれない気持ち…
どんな気持ちも抑えることなく、
見て見ぬふりをすることなく、
強がったり頑張ったりすることなく、

「在る」ことを認めてあげてください。

 

こらえることなく悲しみに浸ること、悲しみを感じ切ること…
そんな風に自分の「想い」と向き合っていると、
ふと「悲しんでる自分」を眺めているような感覚が訪れるかもしれません。

 

それは、あなたが一歩進んだ証拠なのだと思います。

そしてきっと見えてくる景色も変わっていくのだと思います。

涙の後には

 

先日、大切なお友達と話している時、
「学校って、我慢することばっかり教えてるよね」…そんな話題があがりました。
そうなんですよね、意志とは無関係にいろんな課題が課せられて、想いを飲み込んで課題を遂行すると、「偉い」と褒めてもらえるような状況があったりします。
遂行しないと、「ダメなやつだ」とされてしまったり。

 

自由に想いを表現すること、想いを伝える練習などをほとんどする機会がなく大人になって、
どうしようもない状況になっても、
「助けてほしい」と言えなかったり、
「私が我慢すればいいんだ」と耐えたり、
不適切な行動に対して指摘することが難しかったり…
気が付くと、全部自分で背負いこんで疲れ果ててる…そんな方々も少なくはないのだと思います。

 

自分の「想い」についても、無意識に抑えていたり、
「男は泣いちゃダメ」などの言葉にコントロールされてしまうことなど、
想いを表現すること、想いを出すことをためらう方も多いのだと思います。

 

どんな時にもどんな場所でも、想いや感情を爆発させて良いかと言えば…
状況次第だと言えるかもしれません。

でも、自分自身の心の「想い」を感じること、認めてあげることは、
いつだって自由なのだと思います。
どんな時でも自分だけは自分の味方であり、理解者であることは、大きな安心感につながるのだと思います。

 

また、「想い」をよくよくみて、認めてあげた後で、
「もう要らないな~」と思えば、手放すということも選択できますね。
想いを抑えているままだと、手放すことも難しいのだと思います。

 

 

私も決して想いを表現することが得意なわけではありません。
現在も練習中であります。

先日も頑張って伝えてみましたが…私にとっては勇気の要ることでも、
相手にとっては「そうなんだね」という感じだったようです。

ついつい深刻に考える癖がありますが、まだまだ練習中の身ですし、「失敗は成功のもと」なので、マイペースに取り組んでいきたいと思います。