不安なこと、辛いこと、困ったこと…
そんなことが押し寄せてくるように感じること、
そんなことに飲み込まれてしまい、「身動きが取れない」と感じることもあるかもしれません。

 

そのような時は、少しだけ立ち止まってみてください。

そして、少しだけ「渦中に居る自分」から離れて見るように、
一歩下がって、見てみてください。

自分がどんな「想い」を抱いていても、責めたりせずに眺めてみてあげてください。
「想い」に蓋をすることなく、ただ気づいてあげてください。

 

そうすることで…
ちょっぴり心が落ち着いていることに気づかれるかもしれません。
思わぬ助けに気づくことができるかもしれません。
新しい選択肢に気づくかもしれません。
自分を責める必要はないと気づけるかもしれません。
「得体のしれない不安」が「具体的な不安」になった時、少し安心感を覚えるかもしれません。

 

心が落ち着きを取り戻して俯瞰的に見ることができるようになると…
例え問題が解決していないように見えても、
不思議と「だいじょうぶ」と思えることが増えていくような気がします。

 

立ち止まって、深呼吸。
たったこれだけの「ゆとり」に、救われたことが多くありました。

 

しんどいなぁ、「八方ふさがりだ」、焦ってるなぁ…
そんな風に感じた時に、思い出していただければ幸いです。

 

心の平穏さを思い出すきっかけになりますように。
「本来のあなた」を思い出すきっかけになりますように。

森を見下ろす