昨日は雪の降る中、名古屋ACIMで開催された、田中百合子さんの講演会に参加しました。
田中百合子さんは、現在は数多く翻訳され出版されている「奇跡のコース」ですが、初めて日本語に翻訳をしてくださった方であり、パストラルケアカウンセラーとしての活動もなさっています。

 

講演会ではこれまで百合子さんが愛と共に歩んでこられた軌跡を語ってくださいました。
単身でアメリカに渡られ、修道院に入られ、様々な偶然(軌跡)の中から「奇跡のコース」に出会い、翻訳をされ…おだやかに微笑まれるお姿からは想像できないような活動的なエピソードの数々でした。

 

決して平坦な道のりではない人生の中であっても、揺るぎない決断を持ち続け行動されてきたこと。
どのような困難にあっても神への信頼を損なうことはなかったこと、
そして必ず思わぬ助けが与えられる等して、翻訳を成し遂げられたということ。

「本当に心から望む目的に向かって生きれば、道は開かれていく」
…百合子さんから、そのことをこれまで生きてこられた実践の中で、示してくださっているように思いました。

田中百合子さん講演会

お話をしてくださった内容ももちろんなのですが…
「愛にあふれた人」ってこういう人なんだろうと思いました。

言葉ではうまく表現できないのですが…
そこにいらっしゃるだけでほっとするという感じ、
誰に対しても分け隔てなく受け入れてくださる感じ、
惜しみなく愛を与えてくださる感じ…

すべてを通して、私も誰でも…すべての人はそのままで素晴らしいこと、「そのままでいいんだよ」とゆるされたような、とても嬉しく安心した気持ちにさせていただきました。

 

「聴く」ことの専門職としても百合子さんは大先輩なので、質問される方に対するお話の聴き方や、対応のされ方など…カウンセラーとしてもたくさんのことを学ばせていただきました。
また「聴き方」についての質問もさせていただき、丁寧に教えてくださいました。
百合子さん、ありがとうございました!

 

日々、たくさんのことを学ぶ機会があり、知識として理解している(つもり?)のことは多くありますが、まだまだ実践が伴っていないことを反省しました。
百合子さんは叡智、そしてそれに伴う日々の実践を本当に丁寧に誠実になさっている方で…その積み重ねがあってこそ、素晴らしいお人柄であり、素晴らしい実績や活動をされているのだと感じました。
私もますます頑張りたいと思います。

たくさんの気づき、学び、愛を与えてくださり、ありがとうございました。

田中百合子さん講演会(全体写真)

 

 

パストラルケアカウンセラーとは?

「痛み」は必ずしも身体的な原因のみではなく、心理的、社会的、霊的な苦痛を含め、「全体的痛み」を感じます。
全体的痛みをケアすることを「全人的ケア」と定義し、

①身体的ケア:主に医師、看護師等が専門的に実施
②心理的・精神的ケア:主に精神科医、カウンセラー等が専門的に実施
③社会的ケア:主にメディカルソーシャルワーカー等が専門的に実施
④霊的ケア:主にスピリチュアルケア(≒パストラルケア)ワーカー等が専門的に実施

④の霊的ケアを行うカウンセラーのことです。

 

※田中百合子さんのご活動についてはこちらです。