基本的に身内以外に手作りのお菓子を作ったことのない私ですが…
大切な友達と友達の愛娘が遠くから遊びに来てくれるとのことで、
勇気を振り絞って作ってみました。

 

今回は、きび糖、水あめ、はちみつ、仕上げにザラメの複数の糖分を使ったシフォンケーキです。
レシピ選択の決め手は、「身体に良さそう&ザラメが美味しそう」でした。

ザラメのシフォンケーキ

焼きあがるとこんな感じ。
見た目よりはふわふわでしたが、レシピにぴったりのシフォン型がなかったため、
ぶかぶか感が否めません。
こう見えても、意外と膨らみました。

 

こういうシンプルなシフォンケーキにはやっぱり生クリームが必要…
と、気づいて、前日に二人がかりで手動で泡立てました。
(実家にしかハンドミキサーがありません)

…なかなか気の遠くなるような作業でしたが、
少しずつ音が変わっていく、
滑らかさが変わっていく…
その度に、わくわくしながら泡立てするのも、楽しいものでした。

シフォンケーキ盛り付け済

盛り付けするとこのような感じ。
…やはり型の大きさがあっていないせいもあり、ふわふわ感に勢いがありません。

 

「お花も一緒に撮ってみたら?」
と、友だちがアドバイスくれたものの…
レンズに入ると、薔薇の美しさがより際立っているように感じ、
「いやいや、花に負けてしまう…」
そう私がつぶやくと、
「勝負しているからダメなんじゃない?」
すかさず突込みが入りながらの撮影でした。

 

お味の方は…
予想以上に好評で、なんだかほっとしました。
良かった良かった…。安堵しました。
お嬢さんが美味しそうに食べてるのをみると、とっても嬉しくて、
「あ~、幸せ♡」
そんな気持ちでいっぱいです。

 

お嬢さんとたっくさん遊んで、本当に「こども」は師匠だなぁとしみじみ思いました。
たくさんの喜びと、
たくさんの気づきと、発見と、
心の奥からわいてくる、愛に気づかされた1日でした。

 

友だちが「お母さん」である姿にも感動です。
お母さんにしかない慈愛を目の当たりにしました。

とってもとっても素敵な時間を、ありがとうございました。

バターのカップケーキ

こちらは友達がお土産にくれたバタークリームのカップケーキです。
とっても可愛くって、美味しかったです。
ご馳走様です~。

 

友だちが、
「盛り付けの参考にしてね」と。

はい、たくさん勉強して見た目も美味しいケーキが作れるように、精進したいと思います。