快晴の豊橋市、今夜は星もとてもきれいに輝き、素敵な七夕となりました。

 

七夕というと、織姫と彦星の物語、
そして短冊に願いを書き、祈ること…
小さい頃からそんな風に過ごしてきました。

皆さんはどんなお祈りをされましたか。

 

よく昔、私が書いていた願いはというと、
「素敵な人と結婚できますように」
「お金持ちになれますように」
…そんな感じだったように記憶しています。

 

昔の私の願い事を例にすると、
現在、「ない」こと、「欠乏」していることが前提
という点がポイントになります。

 

自分に対してどのように思っているのか、
どんな前提から現在を生きているのか…
そのような視点から見た時に、
「ない」、「欠乏」しているという思いを証明してしまうような受け取り方をしたり、
「思いが現実を作る」というように、
「ない」という前提に対して「ほらね(やっぱりないじゃん)」という出来事を引き寄せてしまうことになります。

 

実際に、例のような祈り方をしていた頃は、
まったく望み通りの結果は得ていませんでした。

 

では、どんな風に祈れば良いのでしょうか。

まずは「願い」に思いを馳せた時に、
自分の不完全だと思っている部分や現状に気づくこと、
そういう思いを抱いていることを認めることが大切です。

「気づいただけでは、意味がない」
そんな風に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
気づくことで、ふっと力が抜ける感覚や、
「なにもかも自分でやろう」と緊張していること、背負っていることに気づいたり、
執着がふっと緩むような感じを味わわれるかもしれません。

気づいた後に起こってくる変化や感じ方は、きっと千差万別だと思います。

 

自分の思いを認めた(ゆるした)上で祈ること…
それはきっとこれまでとは違う祈りであり、より願いが叶いやすくなると思います。

 

もしかしたら、自分の抱くどんな思いも認めることを続けていくことで、
願うことも必要ないと思うほど、満たされていることに気づかれるのかもしれません。
感謝の思いを味わうのかもしれません。

天の川

 

素敵な七夕を過ごされますように。
これからのあなたの日々が、ますます幸せで愛に満ちたものになりますように。