今月もくれたけ心理相談室のカウンセラークエスチョンに取り組みました。

 

「カチ」っとスイッチが入った時のこと、教えてください

 

私の場合には、「カウンセラーになる」と決めた時のことを思い出しました。

ずっとずっと「カウンセラーになりたいのだけど…」と、思いながら、
「できない」、「失敗することが怖い」などと様々な言い訳を並べ立てていたのですが…
状況や先の見通しはともかく、『決める』ことの大切さを説いているお話を聞いていて、
「そっか、私、カウンセラーになる!」と、決めた瞬間…
これが私の「スイッチが入った時」でした。

その日のうちに、カウンセラーになるための講座を探していました。

 

「スイッチ」というのは、
「本当に願っていること」にチューニングできた時、
願いを後押ししてくれる「ことば」や「状況」などを、がっちりキャッチできたということ、
そして最終的には、自分自身で覚悟をして、「決めた」時に自然に入るもののような気がします。

 

なかなか動き出せない時、どうにかしたいのだけれど停滞している時には、
自分の「本当の願いや思い」に向き合うこと、
ネガティブな要素に目が行きがちなところを、幅広くアンテナをはり、「受け取ること」、
そして、「決める」こと…
「スイッチ」が入り、方向性が明確になれば、
思わぬところから助けを得られたり、行動に移しやすかったり…というような、
追い風に乗ったように物事が進んでいくように感じます。

スイッチを入れる

スイッチを入れて、軽やかに幸せにいきたいと願う方へ、ご参考になれば幸いです。

#59 「カチ」っとスイッチが入った時のこと、教えてください