忙しい時、
がむしゃらに頑張っている時、
悩みが頭から離れない時…
そんな時ほど、ほんの少しでも良いので「からっぽの時間」が大切になるように思います。

 

「忙しいんだから、無理」と諦めずに、
ベットに入る前のほんの数分、
ほんの少しの早起き、
お昼休憩のお散歩などなど、ささやかな時間で大丈夫です。

 

私たちは思っている以上に、思考をフル回転しながら、日々を過ごしています。

それは忙しい時、ゆとりのない時ほど顕著で、
思っている以上に疲労をため込んでいることがあります。

 

思考や作業から意識的に離れる「からっぽの時間」を作ることで、
様々なところに、ふっと「スペース」が出来ます。

 

心が緩んだり、緊張しっぱなしの身体や頬が緩んだり…
スペースが出来ることで、
思考でぎゅうぎゅう詰めだったところに、
ふっと「風」が吹き込んでくるような感じだったり、
ひらめきだったり、
軽やかに流れに乗るような感じだったり…
なにかが起こり始めたり、生まれたり、
もともとあった恵みに気づくことが出来るのかもしれません。

どんな変化に出会えるかは、
「からっぽの時間」を作ってみてのお楽しみにしていただければ…と思います。

 

また「からっぽの時間」という経験を積み重ねていくことで、
思考でぱんぱんになっている時や、
心の余裕がない時に、気づきやすくなるという利点もあります。

 

自分自身の「こころ」の状態を気にかけること、
大切にすること、
自分のことを二の次にしすぎず、尊重すること…
それらは、いろんなことをため込んで心身のバランスを崩す前に、
ご自身でケアをするための第一歩にもなると思います。

菜の花

私の場合は…
少し前からどんなに忙しくても5分~10分は、毎日、瞑想などの時間をとるようにしています。

 

意識的に「からっぽの時間」を作るようになってからは、
タイトなスケジュールで動いていたり、予想外の出来事が起こっても、
焦ったりパニックになることが減ったように気がします。

ほんの少しだけ物事と自分の間に「スペース」が出来たような感じで、
状況に巻き込まれることが減ったように思います。

 

効果はそれぞれだと思いますし、
方法もそれぞれで、
少し目を閉じるだけでも、
手を合わせるだけでも、
散歩するだけでも、
深呼吸するだけでも…
ご自分のピンとくる方法を試していただけたらと思います。

 

年度末、新しい年度に向けて、
忙しかったり、環境の変化を感じやすい季節だと思いますので、
そんな時ほど、ご自身の心身のケアを大切にしていただけたら…と思います。

どうかご自愛いただき、ますます充実したお幸せな時間を過ごされますように。